シュタインズ・ゲート ゼロ

K

鳳凰院凶真を求めるようになる90点

原作プレイ済み。 全てのルート分岐を終えてアニメを見た。 既にゲームをプレイして内容を知った上で、アニメのシュタインズ・ゲートゼロに期待したのは素の岡部倫太郎の弱々しい姿と鳳凰院凶真に戻るシーンだ。

無印のシュタインズ・ゲートを見て、最初は鳳凰院凶真のキャラに付いていけないと思い、敬遠したこともあった。 しかし、ゼロの中で描かれる素の岡部倫太郎を見ている内に、自分は鳳凰院凶真を求めていることに気づいた。

無印だけを見ると鳳凰院凶真のキャラは濃すぎて、苦手とする視聴者も多々いると思うが、ゼロまで見終えたら、誰もがあの不遜で中二病な凶真が復活するシーンを心待ちにすると思う。

減点理由に関しては、どのゲーム発のアニメにも言えることだが、物足りなさを感じる点である。

ゲームでは5つあるルートの中でそれを一つにまとめているため、その影響を受けたキャラが何人かいた。 しかし、アニメから入ると理解が追いつかず、楽しめない可能性があるので、見る順番としてはゲーム→アニメでも良いとは思う。

感想を書く