シュタインズ・ゲート ゼロ

K
動画配信サービス 配信状況
U-NEXT 見放題
FOD 見放題
dアニメストア 見放題
Amazonプライム レンタル
K

バッドエンドが反転するカタルシス90点

終盤までは、オカリンがずっと苦しそうでただひたすらに暗い展開です。 そのため見ているのが正直しんどかった。 でも、だからこそ終盤オカリンが覚醒した後のカタルシスがすごい。

バッドエンドからスタートした物語がハッピーエンドに向けて収束していく様は、ループ物の最高峰と言えます。 エル・プサイ・コングルゥを聞いてこんなに興奮するとは、無印を見ていたときには想像も出来ませんでした。

終盤になって本当のオカリンが帰ってきたとき、あの中二病ぶりにすごく安心します。 「これだ!ずっと待っていたのはこのオカリンだ!」と興奮で胸が震えました。 こんなにメンタルの振れ幅が大きいアニメはそうそうありません。

感想を書く
K

鳳凰院凶真を求めるようになる90点

原作プレイ済み。 全てのルート分岐を終えてアニメを見た。 既にゲームをプレイして内容を知った上で、アニメのシュタインズ・ゲートゼロに期待したのは素の岡部倫太郎の弱々しい姿と鳳凰院凶真に戻るシーンだ。

無印のシュタインズ・ゲートを見て、最初は鳳凰院凶真のキャラに付いていけないと思い、敬遠したこともあった。 しかし、ゼロの中で描かれる素の岡部倫太郎を見ている内に、自分は鳳凰院凶真を求めていることに気づいた。

無印だけを見ると鳳凰院凶真のキャラは濃すぎて、苦手とする視聴者も多々いると思うが、ゼロまで見終えたら、誰もがあの不遜で中二病な凶真が復活するシーンを心待ちにすると思う。

減点理由に関しては、どのゲーム発のアニメにも言えることだが、物足りなさを感じる点である。

ゲームでは5つあるルートの中でそれを一つにまとめているため、その影響を受けたキャラが何人かいた。 しかし、アニメから入ると理解が追いつかず、楽しめない可能性があるので、見る順番としてはゲーム→アニメでも良いとは思う。

感想を書く
K

冗長77点

1作目のバッドエンドの続編ということで、後日談・おまけ程度に認識していたら、同じくらいの長さがあったので驚きました。

しかし1作目に比べると長さのわりに内容にインパクトがなく、やや冗長に感じます。 黒幕にひねりがないのも残念でした。 結局は1作目のグッドエンドに行き着くし、やはり本編に対する番外編という印象でした。

あくまでたいへん素晴らしい1作目と比べてであって、アニメ全体の基準としてはとても面白かったです。 中二病の言動が消えてすっかり普通になってしまった主人公が、再び変人として活力を取り戻すシーンが良かったです。

つまらないまとも人間になるよりも発想力豊かな奇人変人になろうと言われているようで、なんだか勇気をもらいました。

感想を書く