シュタインズ・ゲート

K

オカリンの頑張りが見ていてつらい90点

最初の方の数話は「な、何だこの作品は...」と思っていましたが、どんどんと「このままDメールを使って大丈夫なのか?」「何かとんでもないことをしでかしているんじゃないか?」という気持ちが強くなって、引き込まれていきました。

「どうしてもこの世界にしてはいけないのか...」という気持ちの果てに、「どうやっても運命を変えられないのか!」という現実にぶつかった衝撃は、すさまじいものでした。

オカリンが抱えることになった苦しみがあまりにも大きく、見ていてつらかったですが「オカリンはどうなるんだ」という気持ちが勝り、どうしても続きを見てしまっていました。

感想を書く