シュタインズ・ゲート

K
動画配信サービス 配信状況
U-NEXT 見放題
FOD 見放題
dアニメストア 見放題
Amazonプライム レンタル
K

タイムトラベルとは100点

誰もが一度は夢見るタイムトラベル。 そのタイムトラベルをテーマにしたアニメである。 ただそれだけならよくあるお話なのだけれど、STEINS;GATEに関してはちょっと異色。

最初は人間がタイムトラベルするとかいう話ではなくて、ただ文字情報だけでも過去を操作して未来が変わる可能性があるっていう話だった。

主人公以外は未来が変わっていることなんてこれっぽっちも知らないから、通常どおり過ごしていて、そこで主人公は戸惑う。 ここにタイムトラベルにおける人間が困るであろうことの神髄がある気がする。

あとはみんなが望む未来に向かっていけばみんなが幸せになる...。 そうじゃなかった。

少しずつ世界がずれていくことによって実はあるところで大きな歪みができていて、大きな出来事が関わっている。 これはもしタイムトラベル出来るようになったとしても、きっちり考えなきゃいけないことなんだなあって。 そう思わされるアニメだった。 そういう意味ではいろいろ考えさせられたアニメだ。

最後に、少しマニアックな話になってしまうが、これが「STEINS;GATEの素晴らしさ」でもあるので語らせて欲しい。

アニメの作中にあるCERNやカーブラックホールなど、作中の大きな組織や理論は実在する。 アニメを見た人で調べていない人は是非調べてみて欲しいし、アニメを見てない人は是非見てから調べて欲しい。

実在する組織や理論を混ぜ込んだ作品だからこそありえないようなことでも、リアリティをそこに感じるのだと思う。 それに、アニメを見終わった後も組織、理論のことを調べるとアニメが続いているように感じるのも醍醐味だ。

今度は自分が作中の人物としてアニメを続けていく...。 いつまでもみんなでSTEINS;GATEのアニメを続けていける。 そんな気までしてくるこのアニメが大好きだ。

感想を書く
K

おかりん!!!100点

私が出会ったアニメの中で1番オススメしたいアニメです。

私も友人に勧めら一緒に見ていたのですが、最初、ラボメンが揃った時の会話は聞くに耐えませんでした。 「オタク丸出しじゃないか!?」と思い耐えていました。 しかし、いつのまにか「全巻レンタルしてきていないとは何事だ」という事態になりました。

一回Dメールを送ってしまった時からもう、全てが元どおり。 いや、シュタインズゲートが開くまでもう、脳ミソをフル回転しながら見ている自分がいました。

頭の中で拡がりすぎた4次元が全て1つに収束するまで、まるで瞬きをしていなかったかのような目まぐるしい展開です。

世界線を1番最初に戻さなければいけないときのおかりんの絶望を同時に体験した時、肺あたりから絶望のため息が出ましたが、その後の展開に、今まで何本か見てきたタイムリープものにはない解釈を見出していらした時には、ヒロインかの如く、「おかりん(未来の)!!!」とときめき叫んでしまいました。

おかりんのまゆりに対する思いも、恋愛とはまた別のものであることがわかるようにとても丁寧に書かれていて、温かい気持ちになりました。 まゆりがどうしても助からなくて、もう見ているこちらが「おかりん諦めていいんだよ」と言ってあげたくなりました。 同時にそれでも諦めないおかりんに完全に気持ちを持っていかれました。

今となっては、ダルの喋るネットスラングも懐かしいものばかりですがいつ見ても鮮やかなタイムリープものです。

感想を書く
K

数話で切るのは勿体ない95点

最初に見た感想は、あまりにも主人公の中2病設定に引いてしまい、見るのを諦めようかと思いました。

ネットスラングも多用し私は多少なりとも用語の理解は出来ましたが、2チャンネル耐性の無い人には鑑賞は辛いと思います。

しかし、口コミやどのアニメランキングを見ても高評価なので何とか我慢して見ていましたが、物語が急転する場面があります。 ネタバレの為詳細は省きます。

そこからは今まで中2病でうざかった主人公が急に常に真剣な表情、悲壮感、真摯な態度をに変わり、今までのおふざけの空気感がウソのように緊張に包まれたシリアスな感じになり物語に引き込まれ早く次の話を見たくなるようになります。

最終話では、なりを潜めていた主人公の中2病設定が復活し、懐かしく思え、とてもハッピーな終わりを迎えます。 是非、視聴して貰いたいアニメだと思います。

冒頭でも書きましたが、見始めて数話で切ってしまうのはもったいないので、是非全話視聴する事をおすすめします。 間違いなく名作だと思います。

感想を書く
K

SFアニメの最高傑作90点

最初にオススメされて1話をみたときには、なぜおすすめされるのか分からないのが第一印象でした。

とにかく何が起きているのかよく分からず、良い意味でほのぼのとした感じのアニメかな、悪い意味でこれからどのように面白くなるのか分からなかったです。

しかし、最初を我慢してアニメを見続けると展開が激しくなり、最初の話での伏線が回収され始めます。 そしてあのときの伏線はこういう意味だったのかと理解したときには鳥肌が止まりませんでした。

友達に勧められる理由がわかり、続きをみているとさらに展開が代わり、アニメのキャラに愛着がわいてきます! そして最終話までみたら最初から見返したいアニメです。

最初の1話でやめてしまう人が多く見受けられますが、ぜひ最後まで騙されたと思ってみてほしい作品です。

感想を書く
K

中二病を学ぶ80点

Steins;Gateを見て中二病と言う言葉を知りました。 アニメしか見たことの無い作品ですが、ゲームが原作と言うのは容易に理解できます。

作品の内容を理解するのが難解なのですが、オタクな主人公達キャラクターの魅力的と青春物の爽やかさでついつい作品に引き込まれて全2クール一気に見てしまいました。

男性向けゲームだからでしょうか、女性キャラクターの正確や態度が現実離れしている感じに違和感を覚えたのですが、主人公が突拍子も無いキャラクターの為、意外にも相殺されてしまった感じです。

舞台も秋葉原と出て来るキャラクターが全員オタク、中二ってああ、こんな感じだったなぁって感慨に耽る作品でした。

感想を書く
K

誰に感情移入するかで最終的な評価は分かれる75点

ゲーム中盤からオカリンはまゆりの事を第一に考え、物語も彼女が中心となって進んで行きます。 ですので私は自然とまゆりがメインヒロインであり「これは彼女を幸せにするための物語なんだな」と思いながらプレイしていました。

当然、まゆりエンドはとても納得いく結末でカタルシスを得られましたが、問題はその先です。 紅莉栖エンドを見るためにプレイし直したのですが、オカリンと彼女は喧嘩ばかりで、やはりお互いにただのよい友人にしか見えません。

それなのに終盤、オカリンが突然以前から「紅莉栖を想っていた」と告げ彼女も同じだと答えたのです。 正直ついていけませんでした。

そして、結局納得がいかないままトゥルーエンドに突入……ギャルゲーを普段からプレイしていれば違和感はなかったのかもしれませんが、二人の急な恋愛感情に疑問が残り、モヤモヤしたまま終わってしまいました。

ですので、紅莉栖に感情移入できるかどうかで最終エンディングの評価は分かれると思います。 私は、まゆりエンドの時点まではとても楽しくプレイできました。

感想を書く
K

感情揺さぶる超大作95点

「たかがゲーム」と、ゲームに対して否定的な見解を持っている方にこそプレイしてほしい作品です。

現実味のある世界観と、唐突に放り込まれるSF的な設定に最初は混乱しますが、そこを乗り越えればしめたもの。

奥行きのある世界観や、現実とSFが見事にリンクした設定の巧みさに、グイグイ引き込まれてしまいます。

中盤以降にプレイヤーが何度も迫られる「ボタンを押すか、押さないか」の選択肢も秀逸。 それまでプレイをしてきた人なら、必ずボタンを押すことを躊躇うこと請け合いです。

「たかがゲーム」でありながら、根源的な感情を揺さぶってくること間違いなしの名作。 叶うのなら、もう一度何も知らない状態でプレイしたい作品です。

感想を書く
K

前半のテンポが悪い90点

オカリンがまゆりか紅莉栖を選ばなければならない。 世界を救う為、2人とも助け出せたシナリオだったのが良かったです。 途中バイト戦士が過去に飛び、失敗したシーンもトラウマになりましたが衝撃を覚えられ良かったです。

悪かった点は9~10話ぐらいまでストーリーがテンポ良く進まず、少し単調さを感じました。 特殊EDの秋葉原から「メイド」という概念がいつのまにか消えてしまうシーンがあるまでは、かなり分かりづらかったです。

最初はどうなるのかと個性的な主人公オカリン達がただの研究会ごっこをしているのではと思いましたが、タイムマシンについて研究を行い、 本当に造ってしまうシーンは衝撃を感じました。

しかし、実際タイムマシンがあったら世界は激動してしまい、世界が揺らぎ混乱になると思います。 でしたら、「タイムマシンの正しい使い方はどうなのか?」という点を、物語の中で答えを導き出してほしかったです。

また、「何故オカリン達はタイムマシンについての研究をしていたのか?」、「リーディングシュタイナーは本当にオカリンだけのものなのか?」という点も疑問に感じました。

未来から来た鈴羽が過去に飛ぶこと自体が必然であり、過去から世界が作られ「現在」がある。 だからこそSERNに接触してしまい、オカリン達はよりタイムマシンに近づいてしまったのではないか? そして、研究の結果まゆりが死んでしまう未来に至ったことになる。 と私なりに解釈したのですが...これでいいのかな?

感想を書く
K

刻司ル十二ノ盟約が最高!80点

全編通して、いとうかなこの曲が最高です。 特に「刻司ル十二ノ盟約」は暗めでスローテンポのエンディングテーマなのですが、それだけに剣呑さが最初からずっとアピールされていて、このアニメは日常アニメじゃないんだなと毎回感じさせられました。

思い返しても9話の秋葉消滅が一番印象的でしたし、未来が取り返しのつかない方向に変わっていく緊張感があそこで最高潮になりました。

また、バタフライエフェクトのパクリという声もありますが自分は違うと思います。 この作品の主人公は孤独ではなく、支えてくれる仲間がいて、その仲間と一緒に行動するところが醍醐味だと感じました。

感想を書く